麻袋

コーヒー豆の運搬に実際に使われた麻袋です。

動物園ではよくオランウータンやカワウソが麻袋で遊んでいるのを見かけます。
大きい物だと70圓離魁璽辧柴Δ魃身造靴心莨罎並泙任后

農作業やガーデニング、かさばる物の保管、目の粗さを活かしてプランター代わりにすることもあるようです。

豆を使い切った後、特に洗浄はしていません。
コーヒー豆の粉状のカスや、海外から運搬される過程の様々な埃や汚れが付着しています。広げるだけで麻袋の繊維が舞ったりします。
屋内のインテリアやバッグ等のハンドメイドにご利用の場合は、気合を入れて何度も洗っていただく必要があるかもしれません。洗うと絵柄が色落ちしてしまうこともありますのでご承知おきください。

検査のために穴が開いていて、ガムテープで応急処置をしたもの、穴が開いたままのもの、最初から目が粗くて豆一粒ずつこぼれるくらいの隙間があるものなど、状態は様々です。
図柄や印字も様々なので、どの銘柄の珈琲が入っていたのか読み取るのも楽しみの一つ。
柄はお選びいただけませんが、穴がないもの、やわらかいもの、「大」の中でも大きめのものなど、ご希望をお伝えいただければお選びします。在庫になければご希望に添えない場合もありますが、まずはお気軽にご相談ください。

大 幅70〜80cm程 長さ90〜110冂
小 幅57僉瀋垢73
(「小」は30埖泙如▲屮薀献襦Ε献▲泪鵐繊璽淵茱轡泪弔里發里多いです。)

最近チェックした商品

このお店は

カフェ・ド・カルモ

東京・昭島市の自家焙煎コーヒー豆と日本茶のお店です

Blog

twitter

Instagram


LINEQRコード
LINE友だち登録

Mobile