モカって何だろう?

カルモの豆のラインナップで異彩を放つのが「モカ」の豊富さ。
数あるコーヒーの銘柄・ブランドの中でも、モカは特別な存在です。

それはモカの栽培地であるイエメンとエチオピアが、コーヒーのふるさとだからです。

「モカ」はアラビア半島の南西、紅海に面したイエメンという国にある港の名前です。
かつてはコーヒーの積出港として栄えました。
消費国であるヨーロッパへ運ばれるすべてのコーヒーは、モカ港から紅海を通ってやってきたのです。


エチオピアとイエメン

モカ港から積み出される豆には、紅海を挟んだ対岸の東アフリカにある、エチオピアの豆も紛れていました。
それでエチオピアの豆もイエメンの豆も、どちらも「モカ」と呼ぶようになったのです。

そもそも「コーヒーノキ」の原産地は、エチオピアのカファ地方。今も森に自生しています。
そこから栽培植物としてアラビア半島にわたり、アラブ世界へ広がったものと考えられています。

現在、世界中で栽培されているコーヒーは、
エチオピアやイエメンから伝わった一部の木を増やし、品種改良を重ねられたものの子孫です。

ということは。
原産地でコーヒーの森があるエチオピアと、古くから栽培の歴史があるイエメンの豆、この二か国の「モカ」と呼ばれるコーヒーは、他の地域には存在しない豊かなDNAを受け継いでいるのです。

よく「原種」などと表現されるのはそのためで、もともと品種名などなく、現代的な管理もされていません。代々コーヒー畑を受け継いできた小作農の作る豆を集めたものが、モカの大部分です。
見栄えよく改良されたものではないので小粒で、特にナチュラルの豆は欠点豆も多く、見た目もよくありません。
けれどモカには、最大の魅力である特有の芳香があります。



モカのお求めはこちらからどうぞ!