メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
ショップ紹介
カフェ・ド・カルモ
東京・昭島からお届けしています
雑貨好き!雑貨屋さん検索サイト
rss atom




「ジアマンチーナヨシマツ」について

惜しまれながら幕を閉じた「カルモシモサカ」に代わって、
今やすっかりカフェ・ド・カルモの顔になった「ジアマンチーナヨシマツ」
ここでは生産者の吉松早苗さんと農場の紹介をさせて頂きます。




吉松農場にて 吉松早苗さんと下坂匡さん
吉松農場にて 吉松早苗さんと下坂匡さん


<生産者紹介>
吉松早苗さんは1946年5月22日、山口県熊毛町(現周南市)に7人兄弟の末っ子として生まれました。
 1965年12月にブラジルに渡るまで、日立電車で溶接工として働いていました。当時日本の海外移住計画のなかにブラジルも含まれており、その中のコチア農業組合が提案する「コチア青年」というプロジェクトに参加し、夢を抱いてブラジルへ渡ります。
 彼はまずカストロという入植地でジャガイモ栽培をし、雇農として生計を立てていましたが、さらなる飛躍のため、1971年パラナ州マリンガに行きます。ここでは農場経営者となり、はじめて自分の農場を持ちます。さらに飛躍するため1974年に家族とともにミナス州ジアマンチーナで新たな挑戦を始めます。


 ジアマンチーナはその名の通り昔から金やダイヤモンドの産地で、あまり農業には適さない土地です。町から少し離れたところで、野菜作りを始めました。野菜栽培は順調にすすみ、さらに夢だった「コーヒー栽培」を行いたいと考えます。ところがこの地域は国によりコーヒーの栽培には適さないとされており、コーヒー栽培に欠かせない国の融資が受けられません。
 それでもどうしてもコーヒーを作りたいという一念で、1978年すべて自費で6000本のコーヒーを植えます。本来なら国の融資を受け、トラクターなどの機械を揃えてから行うのが普通ですが、吉松さんはすべて手作業で行いました。このような危険を冒しながら、「コーヒーなどできない土地」「国も見放した土地」といわれた場所で、1980年に最初の収穫を迎えます。これが高品質だったことには非常に感動しました。その後、国もこの土地をコーヒー栽培適合地として認め、農場は順調に拡大していきます。
 長男リカルドさんは西村農業学校で最新式の農業を学び(ここで下坂さんの長男・優さんと同級生に)、今の農場経営の礎をつくります。
 リカルドさんは、農場経営にいろいろな改善点を加え、コーヒー栽培に欠かせない灌漑設備や乾燥機、倉庫、収穫機などを充実させます。特に今は環境保護を目的にした、自然を大事にする農業に取り組んでいます。
 常にチャレンジし続ける吉松さん、それを受け継ぐ子供たち。今までコーヒーがとれないとされてきたジアマンチーナで吉松さんの農場では80ヘクタール以上ものコーヒーを栽培しています。

<特徴>
 雨が少ないということがナチュラルコーヒー収穫にとって非常に適しています。また鉱物資源が豊富なところ(農場内には水晶がごろごろ落ちています。)は味に与える影響もよく、浅煎り、中煎り、深煎り、どのポジションでも風味豊かな特徴のある味があります。

 今まで日本に紹介されたことがなかった「ジアマンチーナヨシマツ」。日本のみなさんに味わっていただけることを願って吉松さんと息子さんたちは日々丹精込めています。
農場主・吉松早苗さん親子
農場主・吉松早苗さん親子

<農場データ>
農場名 Fazenda Riacho das Varas
所在地 Diamantina Minas Gerais Brasil
経緯度 S18°17′ W43°57′
標高  1,047m
総面積 554ha コーヒー栽培面積 87.8ha
コーヒー栽培本数 313,500本
品種 Mundo Novo, Catuai, Catucai
年間生産量 4,200袋